Amazon1000円分のポイントゲット≫

レンタルするべき?SPACEWiFiの料金やメリット・デメリットを解説!

レンタルするべき?SPACEWiFiの料金やメリット・デメリットを解説!レンタルWi-Fi

SPACE Wi-Fiでレンタルしようと思うんだけど、どんな感じなのかな?メリットやデメリットを知りたい!

という人向けに、レンタルモバイルWi-Fiルーター「SPACEWiFi」の料金や特徴を紹介します。

SPACEWiFiは、1ヶ月からレンタルできて、契約期間の縛りや解約金もありません。

なので、「安く、期間を気にせずモバイルWiFiをレンタルしたい!」という人に、ぴったりのサービスです。

レンタル時の参考にしてみて下さい。

 

\公式サイトをチェック/

 

スポンサーリンク

SPACE WiFiの料金や特徴

Wi-Fi

SPACE WiFiの料金や特徴をまとめてみました。

月額料金3,680円
初期費用0円
解約手数料0円
契約期間契約期間縛りなし
回線WiMAX・SoftBank
通信制限月間無制限
WiMAX:10GB/3日で6時間制限
SoftBank:3GB/1日で当日制限
支払い方法クレジットカード・口座振替

SPACE WiFiの料金プランは、月額3,680円の1種類のみです。

SPACEWiFiは「民泊WiFi」とも書かれていますが、個人でのレンタルも、もちろんOKです。

最低利用期間がなく解約金も0円なので、気軽にレンタルできるところが特徴です。

なので、旅行や入院などで使用したい場合から、通常利用として長期でレンタルもOK!

SPACE WiFiのオプション

SPACEWiFiには「あんしん端末補償」というオプションがあります。

オプション月額料金
あんしん端末補償500円/月

あんしん端末補償に入ると

  • 故障補償
  • 紛失補償
  • 水没補償

↑この3つの補償が付き、通常40,000円の弁償金が10,000円となります。

オプションなので、利用するかしないかは選べますが、最初の注文時しか申し込みできません。

また、途中解約することもできなくなっています。

月500円かかりますが、もしも壊してしまったり、なくしてしまった時に「40,000円はつらい…」と思う場合は、入っておいた方が安心して利用できますね。

 

SPACE WiFiのメリット

メリット

SPACE WiFiのメリットは、以下の5つです。

  • 初期費用0円
  • 解約手数料0円・契約期間の縛りなし
  • 月間の通信容量は無制限
  • 多言語対応のサポート
  • 口座振替が使える

それぞれ順番に見てきます。

 

初期費用が0円!

SPACEWiFiは、初期費用が0円です!

他のレンタルWiFiと比較してみても、初期費用がかかるところは多いです。

レンタルサービス初期費用
SPACE Wi-Fi0円
SAKURAWiFi8,960円
NOZOMIWiFi2,980円~
STAR WiFi2,980円~

初期費用がかかるところだと、1ヶ月分のレンタル料金と同じくらいか、それ以上の初期費用がかかります。

なので短期で利用する場合は、SPACEWiFiにすると費用を抑えられます!

 

解約手数料0円・契約期間の縛りなし

SPACEWiFiは、解約手数料も0円で、契約期間の縛りもありません

1ヶ月間の最低利用期間が経過した後は、いつでも解約できます。

購入するタイプのモバイルWiFiルーターは、2年・3年などの契約期間の縛りがあるけど、SPACEWiFiはレンタルだから契約期間の縛りがないよ!

モバイルWiFiルーターを短期で使いたい人はもちろん、「長期で使いたいけど、契約期間が気になる…」という人にもおすすめできます。

 

月間の通信容量は無制限

SPACEWiFiは、月間の通信容量の制限もありません。

公式サイトには、月間100GB以上の利用も可能と書いてあります。

購入するタイプのモバイルWiFiルーターは月7GBまでなどの制限がありますが、これがありません。

「動画やゲームなどでたくさん使用したい!」という人にもおすすめできます。

ただ以下の制限はあります。

  • WiMAX:10GB/3日で6時間制限
  • SoftBank:3GB/1日で当日制限

短期でまとめて使うと一時的に通信容量制限がかかります。

1GBで利用できる目安は、ネット動画の閲覧(512kbps程度の中画質で、1分あたり4MBとして計算) で約4時間の再生くらいです。

参考【データチャージ】データチャージ容量1GBの目安を知りたい | よくあるご質問 | サポート | au

この範囲内での利用なら、SPACEWiFiで問題なく利用できますね。

 

多言語対応のサポート

SPACEWiFiは、多言語対応のサポートがあります。

  • 英語・中国語での端末操作マニュアル
  • 日本語・中国語に対応したコールセンター

が用意されています。

個人でレンタルする場合は特に必要ないですが、民泊などで利用する場合には助かるサービスです。

 

口座振替が使える

SPACE WiFiは、支払いで口座振替が使えます。

レンタルWiFiのほとんどは、クレジットカード決済のみになっているのでレアです。

なので、クレジットカードを使いたくなかったり、持っていない場合でも、SPACEWiFiならレンタルできますよ。

 

SPACE WiFiデメリット

デメリット

次に、SPACE WiFiのデメリットは、以下の2つです。

  • 回線が選べない
  • 端末が選べない

 

回線が選べない

SPACEWiFiでは、WiMAX回線・SoftBank回線の2種類のモバイルWiFiルーターを扱っていますが、どちらかを選ぶことはできません。

どちらかが自動で送られてきます。

ただ、「どちらかの電波が対象エリア外の場所で、WiFiルーターを使うんだけど…」という場合は、申し込み後にサポートセンターに連絡すれば、対応する方のルーターを届けてくれますよ。

参考WiMAXのサービスエリア
参考ソフトバンクのサービスエリアマップ

申し込む前に、それぞれのサービスエリアを確認しておく必要があるね。

 

端末が選べない

SPACEWiFiでは、モバイルWiFiルーターの機種を選ぶことができません。

以下の2つのどちらかが送られてきます。

  • WiMAX回線なら…Speed Wi-Fi NEXT W05
  • SoftBank回線なら…Pocket WiFi 801ZT

安くレンタルできる分、どちらも最新の端末ではありません。

最新の端末と比べると通信速度は少し遅くなります。

しかし、速さを重視するのでければ、個人的にはこの機種でも十分だと思います。

 

SPACE WiFiがおすすめの人

これまでの内容をまとめると、SPACE WiFiは以下の人におすすめです。

  • 初期費用0円でレンタルしたい人
  • 月間の通信容量は無制限で使いたい人
  • 民泊などで多言語サポートも利用したい人

 

\公式サイトをチェック/

 

ただ回線が選べないので、「SoftBank回線が使いたい!」「WiMAX回線がいい!」という希望がある人にはおすすめできません。

その場合は、回線が選べる【FUJIWifi】がおすすめですよ。

関連レンタルするべき?FUJIWifiの料金やメリット・デメリットを解説!

ぜひ、自分に合ったモバイルWiFiルーターをレンタルして下さい。

タイトルとURLをコピーしました